RSS速報
follow us in feedly

yXPFLmP8K5noZ4N8NCG3FT-1024-80
アルツハイマー病の死亡患者の脳組織は、健常な脳組織と比較して、タウタンパク質の蓄積が多く
(茶色の斑点)、ニューロンの数が少ない(赤い斑点)。
続きを読む

happy-old-people-2
続きを読む



続きを読む

数値を大きさ順に並べるアルゴリズムはたくさんありますが、それらを音つきで可視化した動画を紹介します。
ぱっと見で何をしているかわかりやすいアルゴリズムから、何が何だがわからないアルゴリズムまで、楽しめます。


続きを読む

screenshot-2019-06-12-at-11.55.25

続きを読む

gettyimages-1037536210


何を言っているのかわからなくても、聞くこと。細心の注意を払う必要はない。

新しい言語を習得する際の難題の1つは、区別することすらできない音が含まれている可能性があることだ。これは幼い子供にとっては問題ではない。彼らは単に受け身で新しい言語を聞くだけでよい。大人がこれを行うことはできないと長い間考えられていたが、2019年に発表された研究はより楽観的なメッセージをもたらし、大人の言語学習への最良のアプローチに影響を与えている。

研究者たちは、フィンランド語を母国語とする人たちに、他のタスクに従事しながら標準中国語の音声を聞き、4日間連続して1日2時間これを行うように依頼した。彼らが音を無視して無声映画に集中するように指示されたときでさえ、EGGを介した脳波の記録が、彼らが異なる標準中国語を区別することに優れていることを示唆した。 「初めて、これらの結果は、音を単純に聞くだけで、成人期の脳の変化検出に関連する塑性変化を誘発できることを実証した。」と研究者は記している。

研究者は、これは受動的トレーニングが実際の言語学習に役立つ可能性を示唆していると付け加えた。彼らはあなたが何か他のこと(ジムでのエクササイズ、料理など)をしている間にあなたが学びたい言語を聞くことを勧めている。

学習に対する受動的なアプローチは、新しい語彙を覚えるという意味で、高齢者にとって特に有益な場合もある。トロント大学のLynn Hasher率いる2013年の研究では、高齢者は気を散らす情報を処理する傾向が若年者よりも大きいことが示された。これは通常有用ではないが、背景情報を覚えやすくすることを意味する。つまり、新しい語彙を意図的に学習するセッションの後、バックグラウンドで再生されたそれらの単語を聞くことが学習に役立つ可能性があることを示唆している。

続きを読む

1. 普通女の子は十代になるまで排卵しないが、ある少女は不可能を可能にしてしまった
リナ・メディナはたったの5歳は、precocious puberty(思春期早発症)という症状を抱えていた。1939年5月14日に男の子を出産。母子ともに無事だったが、父親については不明。
little_mother



続きを読む

jump
続きを読む

hiki
続きを読む

「レディっと速報」は、世界最大級のコミュニティサイトRedditの記事を中心に、気になったもの、興味深いものを何でも紹介するブログです。皆様にワクワクするような記事を提供できればと思っています。


メールはこちら。  ツイッターはこちら

相互リンクしてくださる方募集しています。タレコミなどもお待ちしております。


掲載している内容につきましてお気づきの点、問題などがありましたらメールでご連絡ください。特に記事の内容に関しては、自らの専門外な知識が必要な場合も多く、間違ったことを書いてしまう可能性もあります。その際には、コメント、メール等でご指摘ください。

↑このページのトップヘ